赤ん坊が欲しいと思い描いたとき、だれでも自分の考え方で想定する家族像を持っており、赤ん坊の性別や誕生する順番に切望が存在するのはもちろんのことす。

グリーンゼリー
そのようなときにトライしてみたくなるのが、「グリーンゼリー」ではないでしょうか。

 

グリーンゼリーは、男の子の産み分けに有効だと言われているアイテムです。

グリーンゼリーを間違うことなく利用すれば、男の子の産み分け成功率はアップします。

グリーンゼリー

だからと言って、自分自身体に加えるものになりますし、セーフティや胎児に影響を及ぼすのか気に掛かっている方もいらっしゃることと思います。

 

グリーンゼリーのセキュリティーや、すこしでも産み分け確率をグンと跳ね上がるまっとうな使いかた、イチオシ商品データなどに関してアナウンスして行くつもりです。

 

グリーンゼリーを膣内に入れた状態で性交渉することによって、膣内のpH状況をととのえ、誕生して来るベイビーが男児となる可能性を増大することが実現可能です。

 

男の子を妊娠するには、グリーンゼリーを使うだけではなくも、1ヶ月にいちどの排卵日をばっちり見分けることが不可欠になります。

排卵日を見定められるには、産婦人科でエコー診断(超音波検査)して頂いたり、お家に居ながらにして排卵検査薬を使ってのり、排卵痛やオリモノと言われるものなどをもとに明確にします。

 

余談ですが、女のベイビーを産み分けるのに用いられるのは、ピンクゼリーです。

グリーンゼリー

 

グリーンゼリーで男子を産み分けする原理を調査してみました

 

精子については、Y染色体精子とX染色体精子があって、性別は、いずれのが精子が卵子と受精決定するかで確定されるわけです。

産み分けしようとすると、この2つの精子の特殊性をよく把握しておくが肝要になってきます。

 

男子ができるY精子は酸性と高温にデリケートで、寿命が平均24時間と長くない、という側面を持っています。
女の子ができるX精子は酸性と高温に強くて、寿命が平均2~3日と長きにわたりが性質があると言えます。

 

ふつう膣内は、雑菌等の潜入を制止するのに酸性に守られ、奥の子宮頚管へと近付くにつれ、アルカリ性が強力になっていくようです。

グリーンゼリーには、Y精子が活動的に生き延びが簡単なアルカリ性に膣内を改善させる働きを持っていて、Y精子との受精パーセンテージを引き上げてもらえることがあります。

 

信頼される国内製!意味深長な値段や成分は?

産み分けの進歩的位置づけである産婦人科。

グリーンゼリー

この場で現実の上で相手にしているグリーンゼリーは日本製で、利用している人とベイビーのセキュリティーが明確にされている安心なタイプですが、使用すると同時にゼリーを湯煎する時間がかかります。

 

このグリーンゼリーは、5mlのシリンジ(注射器と変わらない)が1本と、1回3ml~4ml分のゼリー約5回分がセットにされているというわけです。

シリンジは熱湯消毒しておきさえすれば、3~4回使用することができます。

 

プライスは、税込10,800円です。

使用期日は、お買い求め後2年未満と公表されています。

気に入らないゼリーの成分はオープンにされていなくて、医療機関にヒアリングしても感じ取れませんでした。

 

クリニックで取扱っている商品なのでじっくりクオリティコントロールされているように考えられますが、懸念する方は異なっている日本風アイテムの買い入れも熟考してください。
※スペック原料品が丸々記載されたベター製品

 

産み分けゼリーを利用すると妊娠しづらくという

産み分けゼリーを使うと言うことは、男児の場合にはY精子を絞り込んで、女児の場合X精子を絞り込んで狙うことだと言っても過言ではありません。

役立つ精子量が減ってしまうことで、今までよりも妊娠しづらくなったら推測されるということなのです。

グリーンゼリーを活用しているお客さんは、懐妊にいたるまで、4~5回お試しが求められるの可能性があります。

高齢で卵子の老齢化が心配でたまらない方や、妊娠しづらい方は、頭に入れておいておくことをおすすめします。

 

 

国産の商品を公式WEBサイトで買い上げるとよりセーフティーに

産み分けゼリーの類は数えきれないほどあり、中華人民共和国製の系統や日本製のもの、成分ラベルを持ち合わせていない商品等々も発売されています。

安全性を嗅ぎとったのなら、高評価の日本製で、原料品が公開されているものをチョイスしてください。

オークションなどによって低コストで取り引きされているケースがありますが、使いみちを計算に入れると見た目が悪くてすし、保存状況みたいなところもはっきりとしていません。

安全ことを望むなら、成分ラベルがちゃんと掲示されている商品を、オフィシャルWEBサイトから買い入れることが重要だと断言できます。

 

グリーンゼリーの安全性

グリーンゼリー

産み分けゼリーは、自分自身体に直接的加えるものであるため、安全性につきましてはどんな人でも気にかかることも想定されます。

 

グリーンゼリーは、実際のところは水溶性コラーゲンやクエン酸といわれるものが原料品で、あまり考えられませんが口に入っても心配無用の成分になりますから、意外と安全と捉えて良いと思います。

 

産み分けゼリーを利用することで、障害児が生誕する可能性が上昇したり、胎児への副作用が見つかったというような発表も存在してません。

 

しかしながら、一言で産み分けゼリーと言えども、かなりの販売品が存在するのですよ。

使用につきましては、質が良好な製品を研究するべきです。

 

成功率を引き上げるグリーンゼリーの使い方

これからは、注目しているグリーンゼリーの使いかたのキーポイントを解説しようと思います。

 

男性は心の重圧にナイーブですし、フィーリングも優先したいと思います。

オーダー前に、正しいやり方をおさえておいた方が良いです。

 

用いる量は守ったうえで、仕度をおこたりなく

ゼリーの量を多くそそぎ込んだからといって、産み分けの効き目が上向くものでも見受けられませんので、使用量はキープしましょう。

性交中に産み分けゼリーのセットアップに手間どると、男性側のボルテージがしょぼくなってしまうといった意見はよくお聞きします。

利用するさいには前もって夫婦でよくコミュニケーション、双方ともにコンセンサスのうえセットアップを言っておくのが安心できるでしょう。

 

男の子が欲しいときに夫婦でやっておくこと

Y精子の寿命はX精子よりアッという間で、1日ほどしかないです。

性交渉は、排卵日の24時間以内に実施すると良いでしょう。

Y精子は、高温にセンシティブなという性質があります。

旦那のアンダーウエアは、通気性のよいトランクスが賢明だと思います。

精子は3日でする仕組みになっているので、排卵日近くの性交日には、男の人は風呂場やサウナで身体を加温すぎるのは止めた方が良いです。可能であればシャワーで終了してもらうことも効果的です。

 

Y精子は、酸性にセンシティブなという気質も見られます。

性交渉は、ぶっきらぼうなことを意味しているわけではなく、女の人が集中して気持ちよくなるエッチをやることが重要になります。

女性のみなさんはオーガニズム感を持ったと、子宮頚管よりアルカリ性の分泌液が多く出て、酸性の膣内が緩和され、Y精子にプラスになります。

 

グリーンゼリーの正しい使い方について詳しく書かれているのはこちらになります。

 

リンカルという同時利用もやるのもアリ

グリーンゼリー

リンカル(リン酸カルシウム)というサプリメントを2~3ヶ月以上飲みトライすると、男児を赤ちゃんができるのパーセンテージが70%にランクアップし、これにグリーンゼリーを併用することで80%より多い数量の成功率に及ぶというのが一般的です。

リンカルには素早い効果なんて存在しないので、2~3ヵ月のあいだ毎日忘れることなく4錠ずつ飲まないと駄目なのです。

リンカルは、産み分け指導の産婦人科や、ホームページを経由しても買い入れることが可能になります。

 

産み分けゼリーを利用せず有りのまま妊娠したんだったらには、男女の出来上がるパーセンテージは男105対女100と指摘されていて、ほぼ半分々です。

いっぽうグリーンゼリーを利用すると、70~80%になるかならないかの方がニーズ通り男児を子供を授かっており、良い口コミも拡大してきています。

 

ところがどっこい、産み分けゼリーを活用しても、100%産み分けられるとなるのは無理です。

 

産み分けゼリーは、どちらにしても授精のからくりを使って、すこしでも性別チョイスをうまく導くことを目標にしたものと考えておくことをおすすめします。

 

グリーンゼリーのみに頼りきるというのではなく、排卵日を認識したり、性交渉時のシチュエーションをととのえるといったことも不可欠なのです。

 

グリーンゼリーの使用手順

産婦人科のグリーンゼリーは、つぎのステップで使用することをお勧めします。

ゼリーの入っている入れものをフタをやったままで、少々熱めのお湯(約50度)の中に含んで5分弱溶かしたいと思います。
シリンジに3~4mlひろい上げて、ゼリーがスキンの温度と化していることを見定めてから膣内に注入します。
ゼリーがこぼれず膣内に広がるようなるように、枕等を並べて腰の場所を上昇させ、5分くらい待機してから性交してみてください。
膣内にゼリーを注入後、性交へのあいだにゼリーがすこし出て来てしまうケースがありますが、少しくらい大丈夫です。

 

グリーンゼリーの使用上の気をつける点・保管手口

産婦人科のグリーンゼリーは、使いきり商品ではおりません
ほぼほぼ5回分が一元で存在しているため、ゼリーの残りは常温でストックすることだと言えるでしょう。

何回もあたためるとゼリーの特性に変化が起こるのでは?と引っかかりますが、変性には関わらないので満足できます。

開封後のゼリーは、まばたきせずフタをいっぱいにし太陽光に含まれる紫外線の触らない気温が低い場所でストックして、つぎの使用にそなえましょう。

 

 

市販のおすすめ産み分けゼリーは?

国内製のグリーンゼリーでおすすめのものには、「ハローベビーボーイ」や「ベイビーサポート」が存在します。
ではスピーディーに、商品データを照らし合わせてみたらいいと思います。 

 

ベイビーサポート(Baby Support)

グリーンゼリー

ベイビーサポートは、プロデュースからクリエイトにいたるまでパーフェクトにをメイドインジャパンに拘りを持ちおり、芯が通ったクオリティコントロールが構築してあります。

ベイビーサポートの使いかたは非常に手間要らず。

入れもののキャップを引き抜き、ゆったりとした状態のもとで膣に注入さえすればす。
湯煎する手間暇かかるがない消耗品タイプなので、どのような方でもラクラク活用することができます。

ベイビーサポートは、1箱7本入ってで、商品価格は税別13,800円です。

2箱大量買いすると20%引き(1箱毎に11,040円・税別)、3箱大量買いすると30%OFF(1箱当たり9,660円・税別)と買い得に手に入れられます。

大量買いすると、「おめでた返金キャンペーン」と言われるものが適用となるのも高欠かせません。
此処の制度を活用したら、使わずに残存しているベイビーサポートを、1本1,000円で購入していただける。

「大量買いしても、ホイホイ妊娠したら捨てるにはまだ早い…」と買取を二の足を踏んでいる方には、ラッキーな気遣いと言えるという意味です。

おめでた返金キャンペーンには、何種類かの利用制限がつきものです。

 

  • オフィシャルWEBサイトからの購入アイテム
  • 大量買いのコースを実行
  • 未開封のアイテム(外箱のみの開封はノープロブレム)
  • ベイビーのエコーフォトを電子メールアドレスで送信する

ベイビーサポートは、インターネットでゼリーの原料品を発表しており、食べてもOKな自然からくる成分で作られていることが示しています。

 

ハローベビーボーイプレミアム

グリーンゼリー

ハローベビーも、自然界にある成分を使用した、使ってきりタイプの国内製産み分けゼリーでございます。
ホームページを通しては、使用トライアルや母子手帳のフォトが多数取り上げられているのです。

1箱7本入りで、商品価格は税別10,000円です。

2箱大量買いすると1箱当たり9,000円(税別)、3箱大量買いすると1箱あたり8,500円(税別)でゲットすることができます。

ゼリーの全原料品がオープンされているみたいですし、使いかたも理解しやすく写真付きでていねいに記載されていらっしゃいます。

セーフティに試験テストの調査報告書がサイトに載せてられて存在するということも、購入者側の安心因子の一部でしょう。

 

心残りなのはベイビーサポートほどの買取アフターサービスは存在しないなんですけれども、最初からの商品価格がすこし低価格になりいます。

 

商品情報を全部で考えたときに効き目があるグリーンゼリーは、ベイビーサポートとハローベビーです。

どちらもリスクの少ない国内製であり、全原料品もオープンされているため、気持ちが楽になって活用することができます。

もっとものおすすめポイントは、「現在!」と思い描いたときにすぐ使用できるユーザビリティです。
いずれのアイテムも湯煎などの手間のかかる準備はいっさいいらずで、オープンしてサッと膣内に注入することのみでスタンバイ可能となっていくのです。

プロセス感がすくないため、あまいイメージがぶっ壊されることなく利用できて利用価値が高いことでしょう。

個ラッピングされている使いきり商品であり、キレイであることも当たり前ですが利点です。

 

 

相当数ある産み分けゼリーの中で、ベイビーサポートとハローベビーの2商品は、自信を持ってオススメできます。

ネットお取り寄せで手間をかけることなくセレクトすることが出来るので、いちど販売サイトをのぞいてみるのはどうかなと思っています。

 

グリーンゼリーを正しく利用し思い通りに行う懐妊を!

グリーンゼリーをミスすることなく使えば、エネルギッシュに産み分けを手助けしてくれるはずです。

グリーンゼリーを使った産み分けは、100%揺るぎないものなどでは断じてありません。

ではありますがリンカルとの同時利用や、排卵日の指定、気温や性交のクオリティーをコントロールすることで、成功率はこれまで以上に増大させることをできるようにするといいでしょう。

 

「状況が許す限り男児をゲットしたい!」と感じている方は、本日アナウンスした使っていただきたいグリーンゼリーの完全購入を想定してみるのもいいんじゃないですか。

グリーンゼリーをトコトン使いて、正真正銘嬉しい妊娠ができるようたほうがいいでしょう!